五反田『Marble(マーブル)』はどんなラブホテル?料金やアクセス、予約方法や口コミ評判について徹底調査しました!

こんにちはラブホラボです。
今回は、五反田にあるラブホテル『Marble(マーブル)』について徹底調査いたしました。

ホテル『Marble(マーブル)』とは?


引用:『Marble(マーブル)』 | ハッピー・ホテル

ホテル『Marble(マーブル)』とは、五反田にあるラブホテルです。

五反田駅から徒歩5分の所に位置するホテルで、高級感溢れる外観が特徴です。

女性デザイナーが手掛けたお部屋は、洗練されたスタイリッシュ空間になっていて優雅な時間が過ごせます。

VODやジェット/ブロアバスなど設備も豊富かつ手頃な価格でコストパフォーマンスも高いです。

それでは、このレジャーホテル『Marble(マーブル)』の詳細を見て行きましょう。

五反田のラブホテル『Marble(マーブル)』のホームページを紹介!

引用:五反田駅スグのラブホテルHOTEL MARBLE(ホテル マーブル)オフィシャルホームページ – 品川・東五反田

こちらが五反田のラブホテル『Marble(マーブル)』のホームページです。客室の画像や料金など様々な情報を見ることができます。ぜひぜひご覧になってみてくださいね。

ラブホテル『Marble(マーブル)』の電話番号や住所・アクセス情報について!

ホテル『Marble(マーブル)』の電話番号と住所は下記の通りです。

電話番号:03-3473-3751
住所:東京都品川区東五反田1-12-4

都営浅草線五反田駅のA6出口から外に出たら、「五反田ホルモン まるみち」の手前にある小路に入ります。すぐ左手側に見えてくるのが、「Marble(マーブル)」です。

五反田のレジャーホテル『Marble(マーブル)』の基本情報!

五反田のレジャーホテル『Marble(マーブル)』の基本情報は下記の通りになります。

部屋数・建物形式・駐車場・一時外出・決済手段について

部屋数(ルーム数): 29室
建物形式:ビル形式
駐車場:なし
一時外出:可能(2時間まで)
自動精算機:有り
クレカ:MASTER、JCB、DC、NICOS

メンバー特典や各種サービスについて

・メンバー特典:なし
・メンバー・ビジター共通のルームサービス:なし

ラブホテル『Marble(マーブル)』の料金表を作ってみた!

ラブホテル『Marble(マーブル)』の料金表は以下の通りです。

『Marble(マーブル)』の料金表

休憩

【全日】6:00~22:00 の間で最大 2時間ご利用 ¥3500 ~¥5000
※表示金額は税込です。

サービスタイム(フリータイム)

【月~金】6:00~17:00 の間で最大 11時間ご利用 ¥3500 ~¥5000
【土・日・祝】6:00~14:00 の間で最大 8時間ご利用 ¥3500 ~¥5000
※表示金額は税込です。

宿泊

【日~木・祝】22:00~翌 11:00 の間で最大 13時間ご利用 ¥5800 ~¥7800
【金・土・祝前】22:00~翌 10:00 の間で最大 12時間ご利用 ¥5800 ~¥7800
※表示金額は税込です。

[aside type=warning]注意説明
この料金表は、2020年3月20日に作成したものであり、正確な情報ではない可能性があります。正確な情報を知りたい方は、直接ホテルへご確認ください。[/aside]

五反田のラブホテル『Marble(マーブル)』の部屋をランク別に紹介!

五反田のラブホテル『Marble(マーブル)』には29室のお部屋があり、4種類のランクに分けられています。それではこれらの部屋のうち3部屋をピックアップしてみてみたいと思います。

Marble(マーブル)の205号室

引用:客室のご案内 – HOTEL MARBLE(ホテル マーブル)

205号室は『Dタイプ』のお部屋で、マーブルで1番高いランクになります。

黒や木目のフローリングで落ち着いた雰囲気を演出しつつ、天井と壁は鏡張りと刺激的な要素が盛り込まれています。

広々とした空間なので刺激的な夜を過ごしたい方におすすめです。

Marble(マーブル)の203号室

引用:客室のご案内 – HOTEL MARBLE(ホテル マーブル)

203号室は『Cランク』のお部屋で、2番目のランクとなります。

薄めのピンクの壁と枕元のアート調の壁紙が印象的な遊び心溢れるデザインです。

こちらも広めの空間となっているので、大切な人とゆっくり過ごしたい時に向いています。

Marble(マーブル)の202号室

引用:客室のご案内 – HOTEL MARBLE(ホテル マーブル)

202号室は『Bタイプ』のお部屋で3番目のランクとなっています。

黄色を基調にした可愛らしいお部屋は、コンパクトな空間でゆっくりリラックスできます。

お財布に優しいお値段なので、可愛らしさとコスパ重視の方におすすめです。

五反田のラブホテル『Marble(マーブル)』の口コミ評価について!

このホテルのいいところは、料金体系がわかりやすく、全体的にリーズナブルなところ。
特にオススメなのは、平日でも金・土・連休中日でも、料金は変わらず、チェックアウト時間が異なるだけというところ。
平日は翌10:00チェックアウトのホテルが多いところ、翌11:00まで利用できるところも嬉しいところです。

今回、一番安い404号室(6200円税込)が空いていたため、試しに彼女とのお泊まりで利用してみましたが、ソファー・テーブルが少し小さいこと、お風呂場が少し狭く、浴室内テレビがなかっただけで、内装も綺麗でとても快適に過ごすことができました!
また上位ランクのお部屋でも、7000円~8000円で泊まれるということで、どの部屋でもコスパが良さそうなホテルです♪

いわゆる「The ラブホ」的なサービスや設備(コスプレ貸出、特殊照明演出、大きなジャグジー)などはありませんが、内装も落ち着いた壁紙で、ビジネスホテル的な感覚で利用できるのは個人的にとても嬉しいです。
敢えて難点を言うとしたら、アメニティのガウンが、バスローブ的なものではなく、検査着のようなものだったところ(笑)

今後は、よく利用する別のラブホテルと、曜日によって上手く使い分けていこうと思います!

引用:ホテル マーブルの口コミ・評価 | ラブホテル検索・予約ならカップルズ

リーズナブルでありながらチェックアウトまでの時間が長く、清潔感溢れる空間が高評価を受けています。
落ち着いた雰囲気のお部屋なので長い時間リラックスできますよ。

最近では入り口が可愛らしいデザインにリニューアルされ、入りやすいと好評です。

さいごに

いかがでしたか?

シックで大人っぽいお部屋から明るい色をふんだんに使った可愛らしいお部屋など、幅広いデザインが揃っています。

過ごしやすい空間で手頃な価格なので、大切な人と過ごしたい時にぴったりです。

五反田エリアには他にもたくさんの良いホテルがあるのでぜひぜひ調べてみてくださいね。

関連記事:【保存版】五反田のおすすめラブホテルTOP10をランキング形式でまとめてみました。 | ラブホラボ

  • コメント: 0

関連記事

  1. 渋谷・道玄坂のラブホテル『VILLAGIULIA(ヴィラジュリア)』を調査!アクセスや料金、クーポンや口コミ評判について調べてみました。

  2. 新宿歌舞伎町のラブホテル『PASHA(パシャ)』を調査!料金やアクセス、話題の802号室や女子会についてもまとめてみました!

  3. 新宿歌舞伎町のラブホテル『STELLATE(ステラート)』を調査!アクセスやクーポン、料金表や口コミ評判についてまとめてみました。

  4. 巣鴨のラブホテル『AIRPORT(エアポート)』を調査!料金やクーポン、口コミについてまとめてみました。

  5. 池袋のラブホテル『SKYROAD(スカイロード)』を調査!アクセスや料金、クーポンや口コミ評判について調べてみました。

  6. 葛西のラブホテル『WILL BAY CITY(ウィルベイシティ)』を調査!アクセスや料金、口コミ評判について調べてみました。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。