池袋のラブホテル『RAMSES TOWER(ラムセスタワー)』を調査。客室画像、クチコミ、などについてまとめてみました。

こんにちは!ラブホラボ編集部です。
今回は、池袋にあるラブホテル『RAMSES TOWER(ラムセスタワー)』について徹底調査いたしました。

ラブホテル『RAMSES TOWER(ラムセスタワー)』とは?

ホテル『RAMSES TOWER(ラムセスタワー)』とは、池袋にあるラブホテルになります。2019年9月2日にオープンしたこのホテルは、ホテルラムセスグループの8店舗目のホテルになります。


ラムセスグループの大人気のホテル『Ramses Classic(ラムセスクラシック)』の真横に新築で建てられたこの『RAMSES TOWER(ラムセスタワー)』。客室は22部屋あり、禁煙ルームカラオケルームシアタールームなどバラエティに富んだお部屋が用意されています。

実際に『Ramses Tower(ラムセスタワー)』に行ってみた

外観だけですが、オープン後に見に行ってみました。

カラフルに光るラムセスタワー。隣にはラムセスクラシックが見える。

12階建てのとにかく高いラムセスタワー。存在感に圧倒されました。

外から空室があるかどうかひと目で分かるようになっている設計をしていた。

北口からラブホテル街に向かう人にとっては、1軒目となるホテルがこのラムセスタワー。空室情報が外から見れるのはありがたいことですね。

それでは、このレジャーホテル『RAMSES TOWER(ラムセスタワー)』の詳細を見て行きましょう。

ホテル『RAMSES TOWER(ラムセスタワー)』の基本情報

池袋のラブホテル 『RAMSES TOWER(ラムセスタワー)』の客室

池袋のラブホテル 『RAMSES TOWER(ラムセスタワー)』の客室は、何種類かのランクに分けられています。今回はこの中からいくつか紹介したいと思います。

RAMSES TOWER(ラムセスタワー)の706号室


引用:RAMSES TOWER
こちらは、RAMSES TOWERの706号室になります。白と茶色を基調にしつつ十分な光量のある大人な空間となっています。シンプルですが上品なところがラムセスグループの良さでもあります。

RAMSES TOWER(ラムセスタワー)の1007号室


引用:RAMSES TOWER
こちらは、RAMSES TOWERの1007号室になります。まるで昔の回転ベッドを思い起こさせるような丸いベッドが特徴的ですね!赤のフレームが可愛くて女性も喜んでくれそうなデザインをしていますね。

RAMSES TOWER(ラムセスタワー)の1207号室


引用:RAMSES TOWER
こちらは池袋の1207号室になります。こちらも丸いベッドが特徴的なお部屋です。ベッドに寝ながらテレビを見れるようになっていて、VODなどで映画を見に来るだけでも価値があるかもしれませんね!

ホテル『RAMSES TOWER(ラムセスタワー)』のクチコミ評判

ラムセスクラシックと似たような料金体系をしています。

ペンシルビルなので少し狭いのは仕方ないかもしれませんね。部屋の広さを意識する人はラムセスクラシックを利用しましょう。

注意
上記の情報は古くなっている可能性があるため最新情報を入手したい方はホテルまで直接ご確認ください。

さいごに

いかがでしたでしょうか?
ラブホテルは法律の規制もあり、新築で建てるのが難しくなっている時代です。珍しい新築なので、外観も内装も非常に綺麗ですし、何よりラムセスグループなのでぜひぜひご覧になってみてくださいね!また、池袋エリアには他にもたくさんの良いホテルがあるのでぜひぜひ調べてみてください。それではまた!

池袋の周辺には、RAMSES TOWER(ラムセスタワー)以外にもたくさんのホテルがあるので、当サイト「ラブホラボ」の検索画面で是非調べてみてくださいね。
それではまた!

関連記事:【保存版】池袋のおすすめラブホテルTOP10をランキング形式でまとめてみました! | ラブホラボ

  • コメント: 0

関連記事

  1. 指宿市西方尾掛のラブホテル『ホテル 香港』を調査。などについてまとめてみました。

  2. 三養基郡みやき町のラブホテル『太郎と花子』を調査。などについてまとめてみました。

  3. 中津市三光臼木のラブホテル『ホテル 1・3三光店』を調査。などについてまとめてみました。

  4. 守山市水保町のラブホテル『ファイン琵琶湖I』を調査。などについてまとめてみました。

  5. 亀山市布気町のラブホテル『三重チャペルココナッツ』を調査。などについてまとめてみました。

  6. 諫早市森山町のラブホテル『雅(MIYABI)』を調査。などについてまとめてみました。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー