池袋のラブホテル『マリンブルー』を調査!アクセスや料金、客室画像や口コミ評判について調べてみました。

こんにちはラブホラボです。
今回は、池袋にあるラブホテル『マリンブルー』について徹底調査いたしました。

ホテル『マリンブルー』とは?


引用:『マリンブルー』 | ハッピー・ホテル

ホテル『マリンブルー』とは、池袋にあるラブホテルになります。アクアリウム宇宙をコンセプトとした、ユニークなデザイナーズホテルです。フロアは、「アクアリウム」、「マリンリゾート」、「スターナイト」の3つに分かれており、まるでプラネタリウムのような星空が広がるお部屋や、本物の熱帯魚が泳ぐ水槽があるお部屋などが人気です。

実はもともとマリオンというボロボロのラブホテルでしたが、リニューアルしてマリンブルーになりました。きれいなうちにたくさん利用しましょう!
それでは、このレジャーホテル『マリンブルー』の詳細を見て行きましょう。

池袋のラブホテル『マリンブルー』のホームページを紹介!

引用:『マリンブルー』のホームページ
こちらが、池袋のラブホテル『マリンブルー』のホームページになります。客室の画像や料金だけでなくなど系列店や新着情報も見ることができます。ぜひぜひご覧になってみてくださいね。

ラブホテル『マリンブルー』の電話番号や住所・アクセス情報について!

ホテル『マリンブルー』の電話番号は03-6907-3175で、住所は東京都豊島区西池袋1-2-1になります。また、アクセス情報についてですが、池袋駅メトロポリタン口から徒歩3分になります。池袋駅メトロポリタン口を出て左折したら、線路に沿ってまっすぐ歩きます。1分ほどそのまま歩くと、すぐ右手に「マリンブルー」の看板が見えてきます。

池袋のレジャーホテル『マリンブルー』の基本情報!

こちらは、池袋のレジャーホテル『マリンブルー』の基本情報についてになります。

部屋数(ルーム数)、建物形式や駐車場について

部屋数(ルーム数)は23室になります。また、ホテルの建物形式はビル形式となっており、駐車場はありません。

滞在中の一時外出について

滞在中の一時外出は可能です。

メンバー特典について

メンバーになると、貯まったポイントで休憩無料、宿泊無料などの特典が使えます。また、10回毎に10%割引などの特典がつきます。

ラブホテル『マリンブルー』の料金表を作ってみた!

ラブホテル『マリンブルー』の料金表は以下の通りです。

『マリンブルー』の料金表

ショートタイム料金表

【月~金】
6:00~翌 2:00 の間で最大 1時間30分ご利用 ¥2900 均一
【土・日・祝】
6:00~翌 2:00 の間で最大 1時間30分ご利用 ¥3500 均一
※表示金額は税込です。

休憩料金表

【月~金】
6:00~翌 2:00 の間で最大 3時間ご利用 ¥4800 均一
6:00~翌 2:00 の間で最大 6時間ご利用 ¥5800 均一
6:00~20:00 の間で最大 10時間ご利用 ¥6300 均一
【土・日・祝】
6:00~翌 2:00 の間で最大 3時間ご利用 ¥5300 均一
6:00~翌 2:00 の間で最大 6時間ご利用 ¥6300 均一
6:00~20:00 の間で最大 10時間ご利用 ¥6800 均一
※表示金額は税込です。

宿泊料金表

【月~金】
18:00~翌 12:00 の間で最大 18時間ご利用 ¥7800 均一
翌 0時~15:00 の間で最大 15時間ご利用 ¥7800 均一
【土・祝前】
20:00~翌 11:00 の間で最大 15時間ご利用 ¥9800 均一
翌 0時~11:00 の間で最大 11時間ご利用 ¥9800 均一
【日・祝】
18:00~翌 12:00 の間で最大 18時間ご利用 ¥6800 均一
翌 0時~15:00 の間で最大 15時間ご利用 ¥6800 均一
※表示金額は税込です。

[aside type=warning]注意説明
この料金表は、2019年8月28日に作成したものであり、正確な情報ではない可能性があります。正確な情報を知りたい方は、直接ホテルへご確認ください。[/aside]

池袋のラブホテル『マリンブルー』の部屋をランク別に紹介!

池袋のラブホテル『マリンブルー』には、23室のお部屋があり、何種類かのランクに分けられています。それではこれらの部屋のうち3部屋をピックアップしてみてみたいと思います。

マリンブルーの202号室


引用:マリンブルー
こちらは、マリンブルーの202号室になります。アクアリウムフロアのお部屋になります。ベッドの後ろに埋め込まれているのは、なんと本物の熱帯魚がいる水槽です!ふたりっきりの水族館を満喫してみませんか?

マリンブルーの502号室


引用:マリンブルー
こちらは、マリンブルーの502号室になります。マリンリゾートフロアのお部屋になります。サーフボードと美しい海を描いたウォールアートが、とってもユニーク!常夏のリゾート気分を味わえそうですね。

マリンブルーの803号室


引用:マリンブルー
こちらは池袋の803号室になります。スターナイトフロアのお部屋になります。壁一面に広がるのは、満天の星空!まるでプラネタリウムのようなロマンチックなお部屋です。

池袋のラブホテル『マリンブルー』の口コミ評価について!



■ホテル利用日:2019年04月12日18時ごろ
■利用部屋:201号室
セフレの50代のおじさまとお忍びで行ったのでJRメトロポリタン口からすぐで繁華街を通らないのがおススメポイントです。 金魚さんの水槽の明かりの消し方がわかんなくてちょっと恥ずかしかったですけど、こじんまりとした綺麗なお部屋でよかったです。 入口の扉が1枚ですぐ廊下なのはちょっと気になりました。 お風呂は2人で入っていちゃいちゃするには小さめです。 6時間休憩でも安かったんでまた使いたいです。
引用:ハッピーホテル

メトロポリタン口をでたら、そのまま真っすぐ細い道を進むだけなので、人目につきにくいのが特徴です。

変わらない部分もあるみたいです。


ラブホテル『マリンブルー』の予約はこちらから!

ラブホテル『マリンブルー』の予約方法は以下の通りです。

さいごに

いかがでしたでしょうか?
ちなみにこの『マリンブルー』は、同じく池袋にあるラブホテル『チャリチョコ』と同じCUEグループが運営しています。これら2つのホテルは低価格でカラフルな印象のホテルです。派手なホテルが好きな方はぜひ利用しましょう。池袋エリアには他にもたくさんの良いホテルがあるのでぜひぜひ調べてみてくださいね。

関連記事:【保存版】池袋のおすすめラブホテルTOP10をランキング形式でまとめてみました! | ラブホラボ

  • コメント: 0

関連記事

  1. 渋谷・円山町のラブホテル『SULATA(スラタ)』を調査!アクセスや料金、予約方法やクーポン情報などをまとめてみました。

  2. 大塚のラブホテル『APERTO(アペルト)』を調査!料金・クーポン・女子会・予約方法についてまとめてみました!

  3. 六本木のラブホテル『iroha(イロハ)』を調査!料金やアクセス、予約方法や女子会情報をまとめてみました。

  4. 横浜のラブホテル『NIBANKAN(二番館)本館』を調査!アクセスや料金、クーポンや口コミ評判について調べてみました。

  5. 池袋のラブホテル『WILL CITY(ウィルシティ)』を調査!アクセスや料金、クーポンや口コミ評判について調べてみました。

  6. 五反田『DESIGN HOTEL NOX(デザインホテルノクス)』はどんなラブホテル?料金やアクセス、予約方法や口コミ評判について徹底調査しました!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。