池袋のラブホテル『AILU(アイル)』を調査。客室画像、クチコミ、予約情報などについてまとめてみました。

こんにちは!ラブホラボ編集部です。
今回は、池袋にあるラブホテル『AILU(アイル)』について徹底調査いたしました。

ラブホテル『AILU(アイル)』とは?

ホテル『AILU(アイル)』とは、池袋にあるラブホテルになります。池袋エリアの中でも特に人気が高いので、空室を見つけたら急いでキープすることをおすすめします。駅からもアクセスがしやすいので、すぐに駆け込むことができるのも魅力です。隣にある評判の高いホテル『DOMANI(ドマーニ)』と同じ系列なので、ハイクオリティなこと間違いなしです。

ちなみに、ベッドは全室クイーンサイズですよ。

それでは、このレジャーホテル『AILU(アイル)』の詳細を見て行きましょう。

ホテル『AILU(アイル)』の基本情報

池袋のラブホテル 『AILU(アイル)』の客室

池袋のラブホテル 『AILU(アイル)』の客室は、何種類かのランクに分けられています。今回はこの中からいくつか紹介したいと思います。

AILU(アイル)の201号室


引用:AILU(アイル)
こちらは、AILU(アイル)の201号室になります。もっともリーズナブルな、Dタイプのお部屋になります。このエリアでこの広さは、珍しいですよね。ソファスペースが、ちょっぴり個室のような雰囲気になっているのも嬉しいポイントです。

AILU(アイル)の303号室


引用:AILU(アイル)
こちらは、AILU(アイル)の303号室になります。ミドルランクにあたる、Bタイプのお部屋になります。ダークブラウンとブラックを基調とした客室内には、まるで海外の高級リゾートホテルのようなラグジュアリーな雰囲気が漂っています。

AILU(アイル)の606号室


引用:AILU(アイル)
こちらは池袋の606号室になります。『AILU(アイル)』でもっともランクの高い、Aタイプのお部屋になります。身体を思いっきり伸ばすことができるビッグサイズのバスルームは、なんとテラス付き!特別な日に利用したいお部屋です。

ホテル『AILU(アイル)』のクチコミ評判

■ホテル利用日:2019年06月14日09時ごろ
■利用部屋:607号室
初めて宿泊で利用させて頂きました。利用した部屋の第一印象がTVが大きい!という感じでした。お風呂も大きくてアメニティも充実していて好印象でした。休憩から急遽泊まりに変更したものの対応が丁寧で素敵なところだと思いました。また池袋に来た際は利用させて頂きます。
引用:ハッピーホテル

全体的にお部屋お風呂ともに大きいのがAILUの特徴ですね!接客対応の良さにも定評があり安心です。

ラブホ街にはなく、池袋の西口からふらっと一分歩くと、『AILU(アイル)』と『DOMANI(ドマーニ)』が並んでいます。ラブホラブホしてる通りを歩くのが苦手な方にはおすすめです。

ラブホテル『AILU(アイル)』の予約

下記ページからホテル『AILU(アイル)』の予約をすることができます。
電話番号:03-3971-7491

ラブホテル『AILU(アイル)』のクーポン

下記ページからホテル『AILU(アイル)』のクーポンを入手することができます。

※ホームページの方はプリントアウトする必要がございます。

注意
上記の情報は古くなっている可能性があるため最新情報を入手したい方はホテルまで直接ご確認ください。

さいごに

いかがでしたでしょうか?
ウッド調で落ち着いたホテル『AILU(アイル)』。隣にある『DOMANI(ドマーニ)』と同じく、カップル利用でおすすめのホテルです。池袋エリアには他にもたくさんの良いホテルがあるのでぜひぜひ調べてみてくださいね。

池袋の周辺には、AILU(アイル)以外にもたくさんのホテルがあるので、当サイト「ラブホラボ」の検索画面で是非調べてみてくださいね。
それではまた!

関連記事:【保存版】池袋のおすすめラブホテルTOP10をランキング形式でまとめてみました! | ラブホラボ

  • コメント: 0

関連記事

  1. 四日市市小古曽東のラブホテル『MIO RESORT』を調査。などについてまとめてみました。

  2. HP29009

  3. 熊本市東区のラブホテル『ホテル ティキティキ』を調査。などについてまとめてみました。

  4. 北九州市小倉南区のラブホテル『LOVE JEWEL』を調査。などについてまとめてみました。

  5. 京都市伏見区のラブホテル『ホテル ラパジュリア 南インター店』を調査。などについてまとめてみました。

  6. 京都市伏見区のラブホテル『MYTH CLUB』を調査。などについてまとめてみました。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー