五反田『White Box(ホワイトボックス)』はどんなラブホテル?料金やアクセス、予約方法や口コミ評判について徹底調査しました!

こんにちはラブホラボです。
今回は、五反田にあるラブホテル『White Box(ホワイトボックス)』について徹底調査しました。

ラブホテル『White Box(ホワイトボックス)』とは?


引用:『White Box(ホワイトボックス)』 | ハッピー・ホテル

ホテル『White Box(ホワイトボックス)』とは、五反田にあるラブホテルです。

五反田駅から徒歩3分ほどの場所にあり、周りには飲食店が多数あるのでデートのラストスパートに向いています。

また裏口からも入店できるレアなラブホテルで、裏口がある場所は人通りも少なく人目を気にするカップルにも好評です。

満室時には提携先飲食店でドリンクを飲みながら待機できたりと、細やかなサービスも特徴。

映画やお笑いが見放題のVODやジェットバスなど設備も豊富です。

それでは、このラブホテル『White Box(ホワイトボックス)』の詳細を見て行きましょう。

ラブホテル『White Box(ホワイトボックス)』の電話番号や住所・アクセス情報について!

ラブホテル『White Box(ホワイトボックス)』の電話番号と住所は下記の通りです。

電話番号:03-3494-0811
住所:東京都品川区西五反田2-16-2

都営浅草線五反田駅のA2出口から外に出て、「三菱UFJ銀行」を左手に見ながら直進します。すぐに交差点に差し掛かりますので、そこを左折し、3つ目の角を右折しましょう。そのまま50mほど進むと、左手に「White Box(ホワイトボックス)」が見えてきます。

五反田のレジャーホテル『White Box(ホワイトボックス)』の基本情報!

五反田のラブホテル『White Box(ホワイトボックス)』の基本情報は下記の通りになります。

部屋数・建物形式・駐車場・一時外出・決済手段について

部屋数(ルーム数): 14室
建物形式:ビル形式
駐車場:なし
一時外出:可能
クレカ:カード:不可

メンバー特典や各種サービスについて

・メンバー特典:なし
・メンバー・ビジター共通のサービス:期間限定「ハピホテを見た」を伝えて宿泊が全室6200円!(金・土・祝前日除く)

ラブホテル『White Box(ホワイトボックス)』の料金表を作ってみた!

ラブホテル『White Box(ホワイトボックス)』の料金表は以下の通りです。

『White Box(ホワイトボックス)』の料金表

休憩

【月~木】5:00~24:00 チェックインより 1時間30分ご利用 ¥3600 ~¥4500
【土・日】6:00~24:00 チェックインより 1時間30分ご利用 ¥3600 ~¥4500
【全日】24時間制 の間で最大 2時間ご利用 ¥4800 ~¥6000
※表示金額は税込です。

サービスタイム(フリータイム)

【月~木】5:00~17:00 の間で最大 12時間ご利用 ¥5200 均一
【土・日】6:00~13:00 の間で最大 7時間ご利用 ¥5200 均一
※表示金額は税込です。

宿泊

【日~木】22:00~翌 11:00 の間で最大 13時間ご利用 ¥6700 ~¥9500
【日~木】翌 1:00~13:00 の間で最大 12時間ご利用 ¥6700 ~¥9500
【金・土・祝前】22:00~翌 10:00 の間で最大 12時間ご利用 ¥7700 ~¥10000
※表示金額は税込です。

[aside type=warning]注意説明
この料金表は、2020年3月20日に作成したものであり、正確な情報ではない可能性があります。正確な情報を知りたい方は、直接ホテルへご確認ください。[/aside]

五反田のラブホテル『White Box(ホワイトボックス)』の部屋をランク別に紹介!

五反田のラブホテル『White Box(ホワイトボックス)』には、14室のお部屋があり、何種類かのランクに分けられています。それではこれらの部屋のうち3部屋をピックアップしていきます。

White Box(ホワイトボックス)の102号室

引用:ホテル ホワイトボックス (ホワイトボックス)- 部屋: 東京都・品川区 – ハッピー・ホテル

淡いピンク色のベッドが目を惹く懐かしい雰囲気のお部屋です。

白と淡い水色の温かいお部屋はゆっくりリラックスできますよ。

都会の喧騒から離れた所にあるので、静かに過ごしたい方におすすめです!

White Box(ホワイトボックス)の201号室

引用:ホテル ホワイトボックス (ホワイトボックス)- 部屋: 東京都・品川区 – ハッピー・ホテル

お花をモチーフにしたレトロで可愛らしいデザインのお部屋です。

お風呂も2人で入れる大きさで、ゆったりしたデートの向いています。

フロントで鍵やサービス品をもらう形式になっているのもアットホームで懐かしさを感じますね。

White Box(ホワイトボックス)の303号室

引用:ホテル ホワイトボックス (ホワイトボックス)- 部屋: 東京都・品川区 – ハッピー・ホテル

懐かしいレイアウトの中に木目が溶け込んだ温かい雰囲気のお部屋です。

平日の休憩は最大12時間利用できるのでコストパフォーマンスが高いのがポイント。

レトロなホテルですがVODや空気清浄機など設備もばっちりです。

五反田のラブホテル『White Box(ホワイトボックス)』の口コミ評価について!

☆急に知人に会う約束、人目が気になる知人なので、五反田で最も人目が気にならない当ホテルを選択、前日に電話で宿泊予約(★)。(繁華街のホテルでの苦い経験からいつも人目を気にする事になりました)

☆当日は車でホテルへ、駐車場は多いが、ホテルのフロントの電話案内で、一番安い駐車場へ駐車。 (20時~翌朝8時で600円、川を渡ってホテルまで約1分)
☆駐車場の近隣は、多くの飲食店があり、イタリアンで夕食(リーズナブル&美味しい)

☆ホテルへは、人目が全く気にならない裏口から入店
☆お部屋は上品なピンクで、急に盛り上がってきそうな気分に!(リニューアル直後の感じ)
☆夜は長いので、夜食を買うことに・・・、フロントで案内された30m先のコンビニへ
☆車、電車、繁華街の騒音が無く、ぐっすり休み、いつの間にか朝に
☆チェックアウト時に私が必要な領収書をいただき、ホテルを後にしました。

引用:ホテル ホワイトボックス (ホワイトボックス)- 口コミ(クチコミ): 東京都・品川区 – ハッピー・ホテル

裏口から入れるラブホテルは珍しいですが、やはり人目を気にする人にはありがたい設備となっています。
周りに飲食店が多いのでデートのラストスパートに活用したいですね。

「レトロな外観で狭いかも…」と思われる方もいたのではないでしょうか?
そういった心配もなく、広めの空間で満足できますよ。
レトロな内観のラブホテルが好きな方にもおすすめです。

さいごに

いかがでしたか?

満室時のサービスや人目を避けた裏口など、細やかな心遣いが感じられます。

外観やお部屋が懐かしいレイアウトになっているので、昭和のラブホテルが好きな方にもおすすめです。

五反田エリアには他にもたくさんの良いホテルがあるのでぜひぜひ調べてみてくださいね。

関連記事:【保存版】五反田のおすすめラブホテルTOP10をランキング形式でまとめてみました。 | ラブホラボ

  • コメント: 0

関連記事

  1. 五反田『Marble(マーブル)』はどんなラブホテル?料金やアクセス、予約方法や口コミ評判について徹底調査しました!

  2. 横浜のラブホテル『NIBANKAN(二番館)本館』を調査!アクセスや料金、クーポンや口コミ評判について調べてみました。

  3. 江ノ島・鵠沼海岸のラブホテル『AFRICA 555(アフリカ スリーファイブ)』を調査!料金表やアクセス、口コミ評判や部屋画像についてまとめてみました。

  4. 五反田『B-SIDE(ビーサイド)』はどんなラブホテル?料金やアクセス、予約方法や口コミ評判について徹底調査しました!

  5. 新宿歌舞伎町のラブホテル『GRAND CHARIOT(グランシャリオ)』を調査!アクセスやクーポン、口コミ評判や予約方法などをまとめてみました。

  6. 新宿歌舞伎町のラブホテル『D WAVE(ディー ウェイブ)』を調査!アクセスやクーポン、女子会や予約方法をまとめてみました。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。