大塚のラブホテル『ALL IN G(オールインジー)』を調査。客室画像、クチコミ、予約情報などについてまとめてみました。

こんにちは!ラブホラボ編集部です。
今回は、大塚にあるラブホテル『ALL IN G(オールインジー)』について徹底調査いたしました。

ラブホテル『ALL IN G(オールインジー)』とは?

ホテル『ALL IN G(オールインジー)』とは、大塚にあるラブホテルになります。各部屋に精算機が導入されているので、お部屋で会計することができることが特徴です。ビル形式の外観で、ビジネスホテルちっくな雰囲気ですね。

それでは、このレジャーホテル『ALL IN G(オールインジー)』の詳細を見て行きましょう。

ホテル『ALL IN G(オールインジー)』の基本情報

大塚のラブホテル 『ALL IN G(オールインジー)』の客室

大塚のラブホテル 『ALL IN G(オールインジー)』の客室は、何種類かのランクに分けられています。今回はこの中からいくつか紹介したいと思います。

Aランクの206号室!


引用:ALL-INN G ホテナビ~レジャーホテル情報(関東・東京都豊島区)

こちらはAランクの206号室になります。とてもきれいな内装ですね!これでスーパーショートが2000円なんて安すぎますよね。テレビも42インチあり、wifiも完備しているそうなので十分ですね!

Bランクの405号室!


引用:ALL-INN G ホテナビ~レジャーホテル情報(関東・東京都豊島区)

こちらは、Bランクの405号室になります。さっきのAランクのお部屋より落ち着いた色合いになり、部屋の広さも大きくなりましたね!また、天井には大きなピンクな物体とライトがつきましたね。設備については、Aランクのお部屋とあまり変わらないようです。

Cランクの605号室!


引用:ALL-INN G ホテナビ~レジャーホテル情報(関東・東京都豊島区)

こちらはCランクの605号室になります。テレビが大きいですね!そして、斜めになっている部屋の角にテレビがついているので、ソファーからもベッドからも見れるようになっています。これは結構重要な要素ですよね!

ホテル『ALL IN G(オールインジー)』のクチコミ評判

■ホテル利用日:2016年10月06日19時ごろ
■利用部屋:不明
駅から近く外観がビジネスホテルっぽいので入りやすい。ロビーは狭いですが部屋も綺麗だしそれに安い。土曜でも20:00~宿泊可能なのはうれしい。(池袋だと22:00以降がほとんどなので)
引用:

ビジネスホテルっぽい玄関だと、入りやすいってことはありますよね。安さも魅力の一つです!

ラブホテル『ALL IN G(オールインジー)』の予約

下記ページからホテル『ALL IN G(オールインジー)』の予約をすることができます。
・電話予約:03-3944-0248
※ご利用直前1時間前までになるそうです。

『ALL IN G(オールインジー)』のラブホ女子会

ホテル『ALL IN G(オールインジー)』ではラブホ女子会を楽しむことができます。

『ALL-INN G(オールインジー)』ではラブホ女子会ができるみたいです!
詳しくはこちらをご覧くださいね。
ALL-INN G(オールインジー)【大塚エリア】|女子会×予約【セキララ女子会】

注意
上記の情報は古くなっている可能性があるため最新情報を入手したい方はホテルまで直接ご確認ください。

さいごに

いかがでしたでしょうか?
ビシネスホテルとしても使えるレジャーホテル『ALL-INN G(オールインジー)』。魅力はそのラブホテルっぽくない雰囲気と値段の安さです。興味のある人はぜひぜひ泊まってみてくださいね!それでは!

大塚の周辺には、ALL IN G(オールインジー)以外にもたくさんのホテルがあるので、当サイト「ラブホラボ」の検索画面で是非調べてみてくださいね。
それではまた!

関連記事:【保存版】大塚のおすすめラブホテルTOP5をランキング形式でまとめてみました! | ラブホラボ

  • コメント: 0

関連記事

  1. 阿蘇郡西原村布田のラブホテル『ティアラ』を調査。などについてまとめてみました。

  2. 渋谷のラブホテル『WHITE CITY(ホワイトシティ)』を調査。客室画像、クチコミ、などについてまとめてみました。

  3. 栗東市手原のラブホテル『ファイン滋賀栗東店』を調査。などについてまとめてみました。

  4. 八幡市下奈良中ノ坪1のラブホテル『SWEETS』を調査。などについてまとめてみました。

  5. HP30011

  6. 小林市南西方のラブホテル『ホテル コスモ』を調査。などについてまとめてみました。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー