渋谷・道玄坂のラブホテル『ONYX(オニキス)』を調査!アクセスや料金、客室画像や口コミ評判について調べてみました。

こんにちはラブホラボです。
今回は、渋谷・道玄坂にあるラブホテル『ONYX(オニキス)』について徹底調査いたしました。

ホテル『ONYX(オニキス)』とは?


引用:『ONYX(オニキス)』 | ハッピー・ホテル

ホテル『ONYX(オニキス)』とは、渋谷・道玄坂にあるラブホテルになります。アクセスの良さが特徴で、賑やかな道玄坂からすぐに、おしゃれで大人な空間の『ONYX(オニキス)』に入ることができます。室内もシンプルでおしゃれなのですぐに恋人といい雰囲気がつくれます。また、SUICAやPASMOなどの交通系ICカードでの支払いができるのが大きな特徴となっています。それでは、このレジャーホテル『ONYX(オニキス)』の詳細を見て行きましょう。

渋谷・道玄坂のラブホテル『ONYX(オニキス)』のホームページを紹介!

引用:『ONYX(オニキス)』のホームページ
こちらが、渋谷・道玄坂のラブホテル『ONYX(オニキス)』のホームページになります。客室の画像や料金だけでなく細かな施設やサービスなどの情報も見ることができます。ぜひぜひご覧になってみてくださいね。

ラブホテル『ONYX(オニキス)』の電話番号や住所・アクセス情報について!

ホテル『ONYX(オニキス)』の電話番号は03-5428-4422で、住所は東京都渋谷区道玄坂2-14-19になります。また、アクセス情報についてですが、渋谷駅より徒歩5分になります。渋谷駅南口を出たら渋谷中央通りに向かいます。富士そば道玄坂店が見えたところで右に曲がりプラザ通りに入ります。ひたすら道なりに進み、道玄坂に入り左折します。1つ目の信号を右折し、中華麺店喜楽を過ぎたT字路左折し、道なりに右折すると右手側に「ONYX(オニキス)」の看板が見えます。

渋谷・道玄坂のレジャーホテル『ONYX(オニキス)』の基本情報!

こちらは、渋谷・道玄坂のレジャーホテル『ONYX(オニキス)』の基本情報についてになります。

部屋数(ルーム数)、建物形式や駐車場について

部屋数(ルーム数)は8室になります。また、ホテルの建物形式はビル形式となっており、駐車場はなしです。

使用可能クレジットカードについて

お支払い可能なクレジットカードについてですが、JCB、AMEX、NICOS、DC、VISAが使えるそうです。

滞在中の一時外出について

滞在中の一時外出は可能です。

ラブホテル『ONYX(オニキス)』の料金表を作ってみた!

ラブホテル『ONYX(オニキス)』の料金表は以下の通りです。

『ONYX(オニキス)』の料金表

休憩料金表

【月~金】
5:00~18:00 チェックインより 1時間ご利用 ¥2200 均一
18:00~翌 5:00 チェックインより 1時間ご利用 ¥2400 均一
5:00~18:00 チェックインより 1時間30分ご利用 ¥2800 均一
18:00~翌 5:00 チェックインより 1時間30分ご利用 ¥3000 均一
5:00~18:00 チェックインより 2時間ご利用 ¥3500 均一
18:00~翌 5:00 チェックインより 2時間ご利用 ¥3700 均一
【土・日・祝】
24時間制 チェックインより 1時間ご利用 ¥2400 均一
24時間制 チェックインより 1時間30分ご利用 ¥3000 均一
24時間制 チェックインより 2時間ご利用 ¥3700 均一
※表示金額は税込です。

宿泊料金表

【日~木・祝】
22:00~翌 10:00 の間で最大 12時間ご利用 ¥7800 均一
【金・土・祝前】
22:00~翌 10:00 の間で最大 12時間ご利用 ¥11000 均一
【日~木・祝日】
翌 1:00~10:00 の間で最大 9時間ご利用 ¥5800 均一
※表示金額は税込です。

[aside type=warning]注意説明
この料金表は、2019年8月19日に作成したものであり、正確な情報ではない可能性があります。正確な情報を知りたい方は、直接ホテルへご確認ください。[/aside]

渋谷・道玄坂のラブホテル『ONYX(オニキス)』の部屋をランク別に紹介!

渋谷・道玄坂のラブホテル『ONYX(オニキス)』には、8室のお部屋があり、何種類かのランクに分けられています。それではこれらの部屋のうち3部屋をピックアップしてみてみたいと思います。

ONYX(オニキス)の101号室


引用:ONYX(オニキス)
こちらは、ONYX(オニキス)の101号室になります。「赤いお部屋」と名付けられたこのお部屋は、その名の通り情熱的なレッド一色で統一されたインテリアとなっています。刺激的な夜を過ごしたい方に・・・

ONYX(オニキス)の102号室


引用:ONYX(オニキス)
こちらは、ONYX(オニキス)の102号室になります。「黒いお部屋」という名前がつけられた客室です。シックなブラックで統一された室内は、まるで宇宙船のコックピットのよう・・・非日常なひとときを味わえます。

ONYX(オニキス)の303号室


引用:ONYX(オニキス)
こちらは渋谷・道玄坂の303号室になります。こちらは「黒いお部屋」です。無駄を極限まで削ぎ落したシンプルな室内は、多くの方から支持されるインテリアとなっています。メタリックでアクセントを付けた、スタイリッシュな大人な空間ですね。

渋谷・道玄坂のラブホテル『ONYX(オニキス)』の口コミ評価について!



 

この投稿をInstagramで見る

 

今まで利用したラブホで最狭。円山町ONYX

ワックチャンさん(@wackchang)がシェアした投稿 –

おしゃれですが、かなり狭いみたいですね。。

さいごに

いかがでしたでしょうか?
交通系ICカードで支払うことのできるラブホテルはかなり少ないので、PASMOなどで支払いたい人にはおすすめです!しかし、部屋が狭いので高身長カップルの方の宿泊はおすすめできないかもしれませんね。。。渋谷・道玄坂エリアには他にもたくさんの良いホテルがあるのでぜひぜひ調べてみてくださいね!それではまた!

関連記事:【保存版】渋谷のおすすめラブホテルTOP10をランキング形式でまとめてみました。 | ラブホラボ

  • コメント: 0

関連記事

  1. 【閉店】巣鴨のラブホテル『SUNPLAZA(サンプラザ)』を調査!住所や料金などまとめ

  2. 【保存版】大塚のおすすめラブホテルTOP5をランキング形式でまとめてみました!

  3. 渋谷・円山町のラブホテル『サンレオン1・2(SUNREON1・2)』を調査!アクセスや料金、クーポンや口コミ評判について調べてみました。

  4. 池袋のラブホテル『WILL CITY(ウィルシティ)』を調査!アクセスや料金、クーポンや口コミ評判について調べてみました。

  5. 横浜のラブホテル『八重洲』を調査!アクセスや料金、客室画像や口コミ評判について調べてみました。

  6. 池袋のラブホテル『Fooo(フー)』を調査!料金や口コミ、アクセスやクーポンについてまとめてみました。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。