国立府中のラブホテル『La festa(ラフェスタ)』を調査。料金、アクセス、客室画像、クチコミ、などについてまとめてみました。

こんにちは!ラブホラボ編集部です。
今回は、国立府中にあるラブホテル『La festa(ラフェスタ)』について徹底調査いたしました。

ラブホテル『La festa(ラフェスタ)』とは?


引用:ラフェスタ国立(ラフェスタ) : 東京都・国立市 – ハッピー・ホテル

ホテル『La festa(ラフェスタ)』とは、国立府中にあるラブホテルになります。国立府中ICを降りてすぐの所にあり、スタイリッシュな外観が特徴です。フロアごとに異なるカラーで演出されたお部屋は、水槽の中のような優しい青や、燃え滾る情熱的な赤など、思い出の1ページを彩ります。休憩は4時間・サービスタイムは12時間と長めで、天蓋付きベッドやVOD、カラオケなど設備も充実しているので2人の時間をゆっくり楽しむことができます。

ホテル『La festa(ラフェスタ)』よりPR

フロアごとに異なるカラーで演出されたラフェスタ国立は、訪れる2人に祝福の彩りを添えます。大切な人との大切な時間に思いを巡らせ、その日のテーマカラーを心に決めれば、きっと忘れられない1日になるでしょう。水槽の中を歩くような優しい青も、燃えたぎるような情熱の赤も、思い出の1フレームを素敵に飾ります。

それでは、このレジャーホテル『La festa(ラフェスタ)』の詳細を見て行きましょう。

ホテル『La festa(ラフェスタ)』の基本情報

電話番号 042-573-5810
住所 東京都国立市谷保6-13-1
アクセス JR南武線谷保駅より徒歩15分中央道国立府中ICおりてすぐ
建物 ビル形式
部屋数 19室
駐車場 有り:19台
外出 不可
予約 不可

ホテル『La festa(ラフェスタ)』のホームページ

http://www.festae.com/Kunitachi/

様々な情報が載っているので要チェックです!

ホテル『La festa(ラフェスタ)』の料金表

休憩

【月~金】

24時間制の間で最大 4時間ご利用 ¥5900~¥6160
【土・日・祝】
5:00~24:00の間で最大 4時間ご利用 ¥5900~¥6160

サービスタイム(フリータイム)

【月~金】

5:00~17:00の間で最大 12時間ご利用 ¥5900~¥6160
12:00~19:00の間で最大 7時間ご利用 ¥5900~¥6160
15:00~21:00の間で最大 6時間ご利用 ¥5750~¥6000
【土・日・祝】
5:00~15:00の間で最大 10時間ご利用 ¥5900~¥6160

宿泊

【日~金・祝】

19:00~翌 11:00の間で最大 16時間ご利用 ¥8580~¥10630
翌 0時~14:00の間で最大 14時間ご利用 ¥8580~¥10630
【月~金】
翌 2:00~5:00チェックインより 12時間ご利用 ¥8580~¥10630
【日曜】
翌 2:00~5:00チェックインより 12時間ご利用 ¥8580~¥10630
【祝前】
21:00~翌 11:00の間で最大 14時間ご利用 ¥8580~¥10630
【土曜】
21:00~翌 11:00の間で最大 14時間ご利用 ¥12360~¥14410

国立府中のラブホテル 『La festa(ラフェスタ)』の客室

国立府中のラブホテル 『La festa(ラフェスタ)』の客室は、何種類かのランクに分けられています。今回はこの中からいくつか紹介したいと思います。

La Festa(ラフェスタ)の303号室

引用:ラフェスタ国立 (ラフェスタ)- 部屋: 東京都・国立市 – ハッピー・ホテル

303号室は『A type』という1番高いランクで7室あります。ピンクと白を基調とした可愛らしいお部屋は女性受けもばっちりです。カラオケやVODなど設備も充実しているので、大事な人との時間をゆったり過ごせます。

La Festa(ラフェスタ)の308号室

引用:ラフェスタ国立 (ラフェスタ)- 部屋: 東京都・国立市 – ハッピー・ホテル

308号室は『B type』という2番目のランクで6室あります。シックな色合いでまとめた広々空間は、ゴージャスに大人の時間を過ごしたい時に向いています。休憩・サービスタイムが長いホテルなので、リラックスしたい時にもぴったりのお部屋です。

La Festa(ラフェスタ)の311号室

引用:ラフェスタ国立 (ラフェスタ)- 部屋: 東京都・国立市 – ハッピー・ホテル

311号室は『ランクD』という4番目のランクで2部屋あります。落ち着いた色合いを基調とした天蓋ベッドが目を惹くリゾートのような空間となっています。一番安い料金でありながら凝った造りになっているので、コスパが高いお部屋です。

ホテル『La festa(ラフェスタ)』のクチコミ評判

基本休憩が全日4時間で休日でも料金に変動が無いのが良いです。

平日の夜なら深夜12時以降でも休憩と同じ料金で宿泊が可能なのも助かります。

部屋はきれいで、設備もVODとフリーWi-Fi、カラオケなどもあって良かったです。

利用方法はロビーの選択パネルで部屋を選んでから、フロントでルームキーを受け取り、入室後に玄関に設置された自動清算機から前受料金の支払いを促すアナウンスが流れるので、それに従って料金を支払い、退室時に自動清算機の清算ボタンを押して退室、そして1階のフロントにルームキーを返却するという流れになっていました。

引用:ラフェスタ国立(東京都国立市/ラブホテル)の口コミ 2016/03/14 16:04 すももももんがーさん投稿

休憩時間が長く、休日でも料金の変動がない点が好評です。
VODやカラオケなど設備も充実しているので長く楽しめます。

少々お高めですが、このエリアでは相場くらいのお値段です。

注意
上記の情報は古くなっている可能性があるため最新情報を入手したい方はホテルまで直接ご確認ください。

さいごに

いかがでしたでしょうか?
フロアごとに異なる色でラグジュアリーな空間を演出しているので、気分に合わせて使い分けができます。休憩とフリータイムが長くてお財布に優しい価格なのも嬉しいポイントです。

国立府中の周辺には、La festa(ラフェスタ)以外にもたくさんのホテルがあるので、当サイト「ラブホラボ」の検索画面で是非調べてみてくださいね。
それではまた!

  • コメント: 0

関連記事

  1. 横浜のラブホテル『LaSee(ラシー)』を調査。料金、アクセス、客室画像、クチコミ、などについてまとめてみました。

  2. 五反田のラブホテル『PEACE(ピース)』を調査。料金、アクセス、客室画像、クチコミ、などについてまとめてみました。

  3. 渋谷のラブホテル『SUNLEON(サンレオン)』を調査。料金、アクセス、客室画像、クチコミ、予約情報などについてまとめてみました。

  4. 錦糸町のラブホテル『RUPO(ルポ)』を調査。料金、アクセス、客室画像、クチコミ、などについてまとめてみました。

  5. 横浜のラブホテル『Belta(ベルタ)』を調査。料金、アクセス、客室画像、クチコミ、などについてまとめてみました。

  6. 国立府中のラブホテル『WATER HOTEL S(ウォーターホテルエス)』を調査。料金、アクセス、客室画像、クチコミ、予約情報などについてまとめてみました。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー