国立府中のラブホテル『府中』を調査。客室画像、クチコミ、などについてまとめてみました。

こんにちは!ラブホラボ編集部です。
今回は、国立府中にあるラブホテル『府中』について徹底調査いたしました。

ラブホテル『府中』とは?

ホテル『府中』とは、国立府中にあるラブホテルになります。国立府中ICを降りてすぐの所に位置し、外観からノスタルジックな雰囲気が溢れています。平日と休日での価格変動はなく、更にメンバー入会で割引が適用されるのでお財布に優しい価格です。表側の出入り口だけでなく裏側の駐車場からもそのまま入店できるので、プライバシー対策もばっちり。コンパクトなお部屋ながらもVODや無料Wi-Fiなど設備が揃っていて、過ごしやすいお部屋となっています。

それでは、このレジャーホテル『府中』の詳細を見て行きましょう。

ホテル『府中』の基本情報

国立府中のラブホテル 『府中』の客室

国立府中のラブホテル 『府中』の客室は、何種類かのランクに分けられています。今回はこの中からいくつか紹介したいと思います。

府中の405号室

引用:HOTEL府中(東京都府中市/ラブホテル)の投稿写真一覧

コンパクトな造りながらも白を基調にした清潔感溢れるお部屋です。

VODや無料Wi-Fiが揃っているので快適に過ごせます。

デートはもちろん、夜のレジャーで利用される方も多いです。

府中の206号室

引用:HOTEL府中(東京都府中市/ラブホテル)の投稿写真一覧

木目調の壁が温かい雰囲気を演出するお部屋です。

和風の掛布団が懐かしさを醸し出しています。

喫煙可能なお部屋なので、愛煙家の方もゆったりくつろげます。

府中の208号室

引用:HOTEL府中(東京都府中市/ラブホテル)の投稿写真一覧 (2ページ目)

花柄の壁紙がレトロな雰囲気を演出するお部屋です。

コンパクトで懐かしい雰囲気ながらも、お財布に優しい価格で利用できます。

昭和のラブホテルを探している方におすすめです。

ホテル『府中』のクチコミ評判

満室になる事が多い休日前の夜でも、近くの国立府中インター付近のホテルよりも比較的に空室がある確立が高いです。

料金も全日変動が無くて休日前の割増も無いので、その点でも利用がしやすいかと思います。

さらにフロントで無料で発行してもらえるメンバーズカードがあれば、休憩3%、宿泊8%の割引もしてもらえるのもありがたいです。
メンバー割引の適用は2回目以降の利用からとなっていましたが、系列の昭島市「パーク」と多摩市「桜ヶ丘」と共通で使えるので、どちらかのカードがあれば割引が受けられるのも助かります。

メンバーズカードでは割引の他にも、平日なら宿泊利用の際に通常なら夜10時からとなっているところが、夜8時からチェックイン出来るサービスもあるようでした。

客室については、今までに入ったのが一番低料金の部屋だったのもありますが、それほど広くは無くて至ってシンプルな感じでしたが、きちんと清掃はされていて清潔感があって良かったです。

引用:HOTEL府中(東京都府中市/ラブホテル)の口コミ 2015/12/24 07:07 すももももんがーさん投稿

国立府中エリアはラブホテルが多いですが、こちらのホテルは比較的空室もあるとのこと。
休日での料金変動もないので、お財布に優しく利用できるところが好評を得ています。

注意
上記の情報は古くなっている可能性があるため最新情報を入手したい方はホテルまで直接ご確認ください。

さいごに

いかがでしたでしょうか?
リーズナブルに利用できるお財布に優しいラブホテルです。外観と内観は懐かしさが漂うデザインとなっているので、昭和のレトロなラブホテルをお探しの方にもおすすめです。
国立府中の周辺には、府中以外にもたくさんのホテルがあるので、当サイト「ラブホラボ」の検索画面で是非調べてみてくださいね。
それではまた!

  • コメント: 0

関連記事

  1. 錦糸町のラブホテル『555(スリーファイブ)』を調査。客室画像、クチコミ、予約情報などについてまとめてみました。

  2. 八女市大字室岡のラブホテル『Bonheur【HAYAMA HOTELS】』を調査。などについてまとめてみました。

  3. 福岡市中央区のラブホテル『HOTEL SOL』を調査。などについてまとめてみました。

  4. 四條畷市大字清瀧のラブホテル『ホテル らコスタ四條畷店』を調査。などについてまとめてみました。

  5. 枕崎市木原町のラブホテル『司』を調査。などについてまとめてみました。

  6. 京都市左京区のラブホテル『ジャルダン・フルール』を調査。などについてまとめてみました。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー