五反田のラブホテル『WEST(ウエスト)』を調査。客室画像、クチコミ、などについてまとめてみました。

こんにちは!ラブホラボ編集部です。
今回は、五反田にあるラブホテル『WEST(ウエスト)』について徹底調査いたしました。

ラブホテル『WEST(ウエスト)』とは?

ホテル『WEST(ウエスト)』とは、五反田にあるラブホテルになります。五反田駅から徒歩3分の所に位置し、電飾で彩られたエントランスが目印です。高級感のあるモダンなお部屋やクラシック調のお部屋など様々なお部屋を取り揃えているこのホテルは、平日20時からチェックインができる利便性も備えています。豊富なアメニティや持ち込みのブルーレイプレイヤー、一部お部屋に通信カラオケなど設備も豊富です。男性・女性ともに同性2人での利用も可能なので、観光や少人数のラブホ女子会にも利用できます。過去に野球選手と女子アナの不倫報道で一躍有名になったことも…!

それでは、このレジャーホテル『WEST(ウエスト)』の詳細を見て行きましょう。

ホテル『WEST(ウエスト)』の基本情報

五反田のラブホテル 『WEST(ウエスト)』の客室

五反田のラブホテル 『WEST(ウエスト)』の客室は、何種類かのランクに分けられています。今回はこの中からいくつか紹介したいと思います。

West(ウエスト)の202号室

引用:客室案内 | ホテルウエスト 五反田

Bランクのお部屋は19室あり、このホテルでは一番多いランクとなっています。

淡いピンクを基調とした202号室は、壁にさりげなく蝶のモチーフがポイントとなっている可愛らしいお部屋です。

同性2人での利用も可能なので、小規模なラブホ女子会やコスプレ撮影会にも利用できます。

West(ウエスト)の203号室

引用:客室案内 | ホテルウエスト 五反田

Cランクのお部屋は1室あり、とても広々とした豪華なお部屋となっています。

枕元の丸くカーブを描いたオブジェが印象的な高級感溢れる豪華な空間です。

大切な人と特別な日を過ごしたい時におすすめです。

West(ウエスト)の205号室

引用:客室案内 | ホテルウエスト 五反田

Aタイプのお部屋は1室のみで、このホテルの中では一番手頃なグレードとなります。

コンパクトなお部屋ですが広々としていて、黒と赤のシックな色合いが大人の雰囲気を醸し出しています。

コスパ重視の方におすすめなお部屋です。

ホテル『WEST(ウエスト)』のクチコミ評判

a

彼女と宿泊で利用させて頂きました。

日曜日の夜に五反田エリアで20:00から宿泊できるホテルは数少ないので、こちらのホテルを選びました。
ロビーも部屋も清潔感があり、部屋もこのエリアのホテルでは十分広い方だと思います。
落ち着いた空間でリラックスできました。

アメニティや設備も必要なものは全て揃っており、清掃も行き届いておりました。

価格も駅徒歩2分の立地にも関わらず良心的でしたので、次回も機会があれば利用させて頂きます。

引用:ホテル ウエスト (ウエスト)- 口コミ(クチコミ): 東京都・品川区 – ハッピー・ホテル

金曜日を除く平日は20時から宿泊できるので、早めにチェックインしたい方に重宝されています。
お部屋やロビーなど清潔感が溢れる空間も高評価です。

注意
上記の情報は古くなっている可能性があるため最新情報を入手したい方はホテルまで直接ご確認ください。

さいごに

いかがでしたでしょうか?
可愛らしいお部屋からシックでモダンなお部屋まで、幅広いお部屋を揃えています。

特別な日のデートや少人数のラブホ女子会まで、いろんな用途で利用できる利便性の高いラブホテルです。

五反田の周辺には、WEST(ウエスト)以外にもたくさんのホテルがあるので、当サイト「ラブホラボ」の検索画面で是非調べてみてくださいね。
それではまた!

関連記事:【保存版】五反田のおすすめラブホテルTOP10をランキング形式でまとめてみました。 | ラブホラボ

  • コメント: 0

関連記事

  1. 大阪市浪速区のラブホテル『ホテル サントマリー』を調査。などについてまとめてみました。

  2. HP30034

  3. 曽於市末吉町のラブホテル『ホテル シャングリラ』を調査。などについてまとめてみました。

  4. 宮崎市上野町のラブホテル『ホテル 2ing』を調査。などについてまとめてみました。

  5. 大森のラブホテル『RICORDO(リコルド)』を調査。客室画像、クチコミ、予約情報などについてまとめてみました。

  6. 加東市北野のラブホテル『SARI リゾート滝野社店』を調査。などについてまとめてみました。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー