五反田のラブホテル『BALIBALI(バリバリ)』を調査。客室画像、クチコミ、などについてまとめてみました。

こんにちは!ラブホラボ編集部です。
今回は、五反田にあるラブホテル『BALIBALI(バリバリ)』について徹底調査いたしました。

ラブホテル『BALIBALI(バリバリ)』とは?

ホテル『BALIBALI(バリバリ)』とは、五反田にあるラブホテルになります。五反田駅から徒歩2分の所に位置し、地域で唯一のバリテイストのラブホテルとなっています。設備やインテリアにこだわった本格的なお部屋はリゾート気分を味わえますよ♪

それでは、このレジャーホテル『BALIBALI(バリバリ)』の詳細を見て行きましょう。

ホテル『BALIBALI(バリバリ)』の基本情報

五反田のラブホテル 『BALIBALI(バリバリ)』の客室

五反田のラブホテル 『BALIBALI(バリバリ)』の客室は、何種類かのランクに分けられています。今回はこの中からいくつか紹介したいと思います。

BALIBALI(バリバリ)の101号室

引用:Rooms of HOTEL BALIBAILY

101号室は一番手ごろなAランクですが、二人でゆったりとくつろげる空間です。バリ風のインテリアにこだわったお部屋は、広々としていてリゾート気分を味わえます。浴室にはTVがついていて、全室レインボーバス・ジェットバスとなっているのでリラックスできます。

BALIBALI(バリバリ)の401号室

引用:Rooms of HOTEL BALIBAILY

こちらはBランクのお部屋です。バリテイストを取り入れつつ、シックな色でまとめて落ち着いた雰囲気となっています。お風呂も広々としているのでゆったりくつろげます。

BALIBALI(バリバリ)の602号室

引用:Rooms of HOTEL BALIBAILY

こちらは最高ランク・Cランクのお部屋です。一番上のランクとあって、更にこだわったバリテイストの内装になっています。広々としていて、大人のリゾート気分が味わえます♪大切な日など長く過ごしたい時はCランクのお部屋がおすすめです。

ホテル『BALIBALI(バリバリ)』のクチコミ評判

バリをモチーフとした素敵なホテルでした。

五反田の駅から近く、コンビニも周りにあり環境は十分でした。
フロント横のバスグッズを自由に選んでお部屋に持っていけるので、お風呂の時間がとても楽しめます。
ペットボトルのお水も、ふつうはお部屋に一本のところが多いのに対してひとり一本とあるので親切だと思います。
お部屋に関して、ソファーがせまいのが残念です。
あと、テーブルも小さく感じます。

でも、お風呂にはテレビもあってついつい長風呂してしまいます!
ドライヤーやVSのヘアアイロンもあるのでうれしかったです!

これからも使わせて頂きます。

引用:BALIBALI (バリバリ)- 口コミ(クチコミ): 東京都・品川区 – ハッピー・ホテル

バリ風のお部屋と設備の良さが人気を博しています。
五反田でバリ風のラブホテルを探している方におすすめです。

五反田エリアでも比較的新しいラブホテルになります。

注意
上記の情報は古くなっている可能性があるため最新情報を入手したい方はホテルまで直接ご確認ください。

さいごに

いかがでしたでしょうか?
五反田エリアで唯一のバリ風ホテルで、本格的に作りこまれた空間は人気です。普段と一味違う雰囲気で過ごしたい時や、リゾート気分を味わいたい時に向いています。

五反田の周辺には、BALIBALI(バリバリ)以外にもたくさんのホテルがあるので、当サイト「ラブホラボ」の検索画面で是非調べてみてくださいね。
それではまた!

関連記事:【保存版】五反田のおすすめラブホテルTOP10をランキング形式でまとめてみました。 | ラブホラボ

  • コメント: 0

関連記事

  1. 北九州市小倉南区のラブホテル『LOVE MODERN』を調査。などについてまとめてみました。

  2. 長崎市出来大工町のラブホテル『ホテル エルパシー』を調査。などについてまとめてみました。

  3. 横浜のラブホテル『ZAFIRO(サフィロ)』を調査!アクセスや料金、クーポンや口コミ評判について調べてみました。

  4. 佐賀市水ヶ江のラブホテル『ホテル シティーフェイス』を調査。などについてまとめてみました。

  5. 渋谷のラブホテル『TEN UN(テンウン)』を調査。客室画像、クチコミ、などについてまとめてみました。

  6. HOTEL Laiの画像

    渋谷・道玄坂のラブホテル『La’i(ライ)』を調査!アクセスや料金、風呂や予約方法、口コミ評判について調べてみました。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー