福岡市西区のラブホテル『tabasa ホテル サンレモ』を調査。料金、アクセス、などについてまとめてみました。

こんにちは!ラブホラボ編集部です。
今回は、福岡市西区にあるラブホテル『tabasa ホテル サンレモ』について徹底調査いたしました。

ラブホテル『tabasa ホテル サンレモ』とは?


引用:tabasa ホテル サンレモ(タバサホテルサンレモ) : 福岡県・福岡市西区 – ハッピー・ホテル

ホテル『tabasa ホテル サンレモ』とは、福岡市西区にあるラブホテルになります。賑やかな通り沿いにあるこのホテルは、白をベースにしたお城のような建物が特徴です。
暖炉風のインテリアと木材を使った北欧風のお部屋や、宮殿風の豪華絢爛なお部屋など、非日常を味わえるお部屋が盛りだくさん!
特に様々なグッズを揃えたSMルームは、刺激的な扉を開きたい時におすすめです。
カラオケをはじめ、ウォーターベッドや衣類乾燥機といった珍しい設備も勢ぞろい。
マリノアシティ福岡から徒歩圏内なのでショッピング後の休憩に利用しやすく、姪浜駅も近いので中心部で遊んだ帰りにも向いています。

ホテル『tabasa ホテル サンレモ』よりPR

平日宿泊は客室の精算機にメンバーズカードを入れるだけで2000円OFF!お得な最新情報が届くメルマガ会員の登録方法はsr @mhai.jpに空メールを送るだけでOK。登録料・会費なし! sr@tabasa.co.jpからのメールが受信できるように設定をお願い致します。

それでは、このレジャーホテル『tabasa ホテル サンレモ』の詳細を見て行きましょう。

ホテル『tabasa ホテル サンレモ』の基本情報

電話番号 0120-399-894
住所 福岡県福岡市西区内浜2-8-20
アクセス 都市高速姪の浜出口降りて右折西区役所の交差点を左折、外環状線道路手前右側
建物 ビル形式
部屋数 29室
駐車場 有り:29台
外出
予約 不可

ホテル『tabasa ホテル サンレモ』のホームページ

http://www.tabasa.co.jp

様々な情報が載っているので要チェックです!

ホテル『tabasa ホテル サンレモ』の料金表

休憩

【平日】

6:00~翌 2:00の間で最大 3時間ご利用 ¥3900~¥7100
【休日】
6:00~翌 2:00の間で最大 3時間ご利用 ¥4290~¥7810

サービスタイム(フリータイム)

【平日】

6:00~21:00の間で最大 15時間ご利用 ¥5300~¥8800
【休日】
6:00~21:00の間で最大 15時間ご利用 ¥5830~¥9680

宿泊

【平日・休日】

18:00~翌 10:00の間で最大 15時間ご利用 ¥7800~¥12000
20:00~翌 12:00の間で最大 15時間ご利用 ¥7800~¥12000
翌 0時~14:00の間で最大 14時間ご利用 ¥7800~¥12000
【金曜】
18:00~翌 10:00の間で最大 15時間ご利用 ¥8580~¥13200
20:00~翌 12:00の間で最大 15時間ご利用 ¥8580~¥13200
翌 0時~14:00の間で最大 14時間ご利用 ¥8580~¥13200
【土曜・休前日】
21:00~翌 12:00の間で最大 14時間ご利用 ¥8580~¥13200

注意
上記の情報は古くなっている可能性があるため最新情報を入手したい方はホテルまで直接ご確認ください。

さいごに

いかがでしたでしょうか?

福岡市西区の周辺には、tabasa ホテル サンレモ以外にもたくさんのホテルがあるので、当サイト「ラブホラボ」の検索画面で是非調べてみてくださいね。
それではまた!

  • コメント: 0

関連記事

  1. 京都市中京区のラブホテル『NANGOKU』を調査。料金、アクセス、などについてまとめてみました。

  2. 八女市大字室岡のラブホテル『ホテル ウォーターロード八女』を調査。料金、アクセス、などについてまとめてみました。

  3. 神戸市中央区のラブホテル『Hotel Elegance Hill』を調査。料金、アクセス、などについてまとめてみました。

  4. 島尻郡与那原町のラブホテル『与那原自動車ホテル』を調査。料金、アクセス、などについてまとめてみました。

  5. 神戸市東灘区のラブホテル『Vホテル 男塾ホテルグループ』を調査。料金、アクセス、などについてまとめてみました。

  6. 北九州市小倉南区のラブホテル『LOVE JAPAN』を調査。料金、アクセス、などについてまとめてみました。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー