門真市松生町のラブホテル『デザインホテル マホーラ門真』を調査。料金、アクセス、などについてまとめてみました。

こんにちは!ラブホラボ編集部です。
今回は、門真市松生町にあるラブホテル『デザインホテル マホーラ門真』について徹底調査いたしました。

ラブホテル『デザインホテル マホーラ門真』とは?


引用:デザインホテル マホーラ門真(マホーラカドマ) : 大阪府・門真市 – ハッピー・ホテル

ホテル『デザインホテル マホーラ門真』とは、門真市松生町にあるラブホテルになります。近畿自動車道の門真ICよりすぐのロケーションで車でのアクセスに便利です。
ピンクと白を基調とした派手で映画に出てきそうなデザインをした外観で見つけやすいでしょう。
黒と白を基調としたシャープで大人なデザインの部屋や高級な明るいウッド調の部屋などがあります。
値段は、少し高いですが、バスルームやベッドなど高級な家具が多くサービスも充実しているため快適に過ごせ流のではないでしょうか。

ホテル『デザインホテル マホーラ門真』よりPR

最新設備を完備したスタイリッシュ空間!洗練されたデザインで世代を問わず人気のホテル。全室にリクライニングベッドやウォーターサーバー、持ち込みPC用の無線LANを完備。

それでは、このレジャーホテル『デザインホテル マホーラ門真』の詳細を見て行きましょう。

ホテル『デザインホテル マホーラ門真』の基本情報

電話番号 06-6904-0116
住所 大阪府門真市松生町2-4
アクセス 近畿自動車道 門真ICよりスグ!
建物 ビル形式
部屋数 29室
駐車場 有り:29台 ハイルーフ可:29台
外出 不可預かり金
予約 可 ( 電話 WEB ) ★ハピホテに対応してます。条件付きの場合がありますので、詳しくはホテルにご確認ください。

ホテル『デザインホテル マホーラ門真』のホームページ

http://www.angelo-jp.com/mahoola_kadoma/

http://www.angelo-jp.com/mahoola_kadoma/smp/index.html [携帯URL]

様々な情報が載っているので要チェックです!

ホテル『デザインホテル マホーラ門真』の料金表

休憩

【月~金】

6:00~24:00の間で最大 1時間30分ご利用 ¥4600~¥5900
【土・日・祝】
6:00~24:00の間で最大 1時間30分ご利用 ¥5000~¥6500

サービスタイム(フリータイム)

【月~金】

6:00~12:00チェックインより 7時間ご利用 ¥5600~¥7200
12:00~17:00チェックインより 5時間ご利用 ¥5600~¥7200
17:00~20:00チェックインより 3時間ご利用 ¥5600~¥7200
6:00~20:00チェックインより 2時間ご利用 ¥5000~¥6500
【土・日・祝】
6:00~12:00チェックインより 5時間ご利用 ¥6100~¥7800
12:00~17:00チェックインより 3時間ご利用 ¥6100~¥7800
6:00~20:00チェックインより 2時間ご利用 ¥5600~¥7200

宿泊

【日~木・祝】

20:00~翌 12:00の間で最大 16時間ご利用 ¥9300~¥12500
翌 0時~15:00の間で最大 15時間ご利用 ¥9300~¥12500
【金・土・祝前】
22:00~翌 10:00の間で最大 12時間ご利用 ¥10800~¥13700
翌 0時~12:00の間で最大 12時間ご利用 ¥10800~¥13700

注意
上記の情報は古くなっている可能性があるため最新情報を入手したい方はホテルまで直接ご確認ください。

さいごに

いかがでしたでしょうか?

門真市松生町の周辺には、デザインホテル マホーラ門真以外にもたくさんのホテルがあるので、当サイト「ラブホラボ」の検索画面で是非調べてみてくださいね。
それではまた!

  • コメント: 0

関連記事

  1. 五反田のラブホテル『ei(イーアイ)』を調査。料金、アクセス、客室画像、クチコミ、などについてまとめてみました。

  2. 洲本市安乎町のラブホテル『ホテル メモリアル古城』を調査。料金、アクセス、などについてまとめてみました。

  3. HP27308

  4. 京都市伏見区のラブホテル『ホテル W STYLE』を調査。料金、アクセス、などについてまとめてみました。

  5. HP27261

  6. 京都市伏見区のラブホテル『ホテル ティアラ』を調査。料金、アクセス、などについてまとめてみました。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー